不動産を活用するメリットや気をつけるポイントとは

エコポイントと市場回復

住宅エコポイントは以前住宅を建てたものに対して政府がポイントを給付した制度で、現在では省エネ住宅ポイントという名前で行われています。住宅市場の低迷を何とかしようという目的があります。

» 詳細を確認する

年代別戸建購入意欲

一戸建ての購入といえば価格も高く、ある程度収入が見込める年齢にならないと購入できないというイメージがあります。20代は独身が多く、賃貸を利用する方が多いです。30代頃からある程度購入に前向きになります。

» 詳細を確認する

任意売却と瑕疵担保

任意売却を行うと大きは一般市場で売却ができるものの、全く同じように売却出来るかというと多少異なります。それは瑕疵担保責任が免責されるという点です。そのため購入者はこのことを知らされます。

» 詳細を確認する

取引の流れと信用度

不動産の取引は人生において何回も遭遇することではないでしょう。取引の流れを知っておくことでスムーズな取引と、騙されたりすることから防ぐことが出来ます。まずは信用出来る業者選びが大切です。

» 詳細を確認する

住宅のポイントとは

住宅エコポイントの交換ができますよ:ポイント交換サイト

住宅エコポイントを利用する方法

現在、3回目となる住宅エコポイント制度が始まっていますが、住宅エコポイントの発行対象となるのは、トップランナー基準に相応する住宅の建築やリフォームなどをした場合の他、今回は高機能給湯器や節水型トイレなど、省エネ設備に変えた場合などと対象範囲がかなり拡大されています。 トップランナー基準とは、省エネ効果が得られる住宅の基準を省エネ法で示しているもので、大まかに言うと窓や外壁、床などの断熱性や気密性が高いものを指します。 ポイントは、住宅エコポイントに登録した工事事業者に依頼して、売買契約や請負契約をした時点で対象となり、契約書のコピーなどを添えて申し込みをします。ポイントの発行申請は個人で行う必要があります。

制度の利用を望む人達とその理由

住宅エコポイント制度が創設された背景には、環境に配慮した住宅の推進や住宅市場の低迷を回復させる目的などがあります。 経済の成長とともに、目指ましい技術革新が進められてきましたが、それに比例してCO2の排出等での地球温暖化が深刻な社会問題ともなっていました。 そのため、日本では省エネ法を制定するなどして環境保護を推進しています。 2回目の住宅エコポイント制度では、東日本大震災の復興支援を目的として復活し、3度目となる今回は消費税増税によって低迷した住宅市場を回復させることが大きな理由となっています。 住宅エコポイント制度は消費者だけではなく、住宅販売会社や工事請負業者にとってもメリットとなりサービスの利用を望んでいます。

» ページのトップへ戻る